乳酸菌・ビフィズス菌の餌となるオリゴ糖

乳酸菌・ビフィズス菌の餌となるオリゴ糖

乳酸菌を摂取する時には、オリゴ糖という糖も同時に摂取することをおすすめします。そのオリゴ糖とは、それ以上に分けられない単糖類が数個〜10個ほどくっついた糖質のことで、キャベツや玉ねぎなど、いろいろな食べ物に含まれています。

 

また、オリゴ糖にはイソマルオリゴ糖といったオリゴ糖や、フラクトオリゴ糖など、いろいろな種類が存在します。その種類によって味が違いますが、甘みでいうとショ糖の甘さを少し抑えめにした甘みです。

 

乳酸菌は腸内で働きますが、オリゴ糖はその腸内の善玉菌を増加させる作用があります。オリゴ糖は、腸の中でも大腸でしか消化されない糖類で、腸内で乳酸菌やビフィズス菌の働きを手助けする働きがあるため、腸内環境を整えてくれる作用を持ちます。ビフィズス菌を増やすならこちら!

 

また、腸の運動を活発にするため、体に不必要な老廃物を外に出してくれる作用も持っていて、便秘に効果があるとされています。それ以外にも、乳酸菌の1種であるビフィズス菌を増加させる作用が強く、それにより、腸を正常な状態に導きます。

 

また、善玉菌が腸内に増えると、腸内から有害な菌などがなくなるため、便やおならの臭いを軽減する効果もあります。それ以外にも、オリゴ糖は低カロリーで、ダイエットをしようと考えている方やダイエット中の方でもカロリーを気にせず摂取することができるほか、料理に加えたりお菓子に加えたりするのもいいでしょう。

 

また、オリゴ糖には虫歯を防いでくれる効果もあることから健康な歯を維持するのにも役立ちます。このような乳酸菌の働きを助けるオリゴ糖を摂取して、乳酸菌の効果をさらに増強させましょう。